osu! mapping modding

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

alacat

Author:alacat
↓osu!やってます~♬
alacat's profile

おきゃくさま
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク

TOP

譜面作成のお供に・・・よかったら見ていってください。

作成した譜面
Ranked / Pending / Graveyard

エリオちゃんskin
Download

記事のリンク
Rankedまでの道のり
Moddingについて・・・①【ルール確認1/2】
Moddingについて・・・②【ルール確認2/2】
Moddingについて・・・③【エラーチェック】
Moddingについて・・・④【低難易度】

mappingコンテスト開催!!!

こんにちは!
今度日本人限定のmappingコンテストが開催されます。そこで審査員をやることになったので、このコンテストの参加方法などを書こうと思います。前回に比べ、審査員や賞も増えているのでたくさんの人に参加して欲しいですヾ(・∀・)ノ

[OJBC] Osu! Japanese Beatmap Contest #2
↑リンクから大会のスレッドに飛べます。

まず最初に参加方法から説明します。
リンク先に飛んでもらって一番下にあるReplyと書いてある所を押します。

OJBC1.png

押すと次のような画面がでます。

OJBC2.png

この画面が出たら、自分のosu!の名前の読み方と意気込みを書いてもらってPostと書いてある所を押します。
これで参加完了です!もし間違えてPostしてしまったり、2回Postしてしまった場合は私に連絡してください。
※応募締切が6月25日終日までとなっています。

次にどういった内容なのかを軽く説明します。
先ほど書いた参加方法で参加してもらいます。そして7月1日~8月31日までの約60日に譜面を2つ作ってもらいます。その後審査を一ヶ月ほどして結果発表という流れです。(予定)
作る曲はこちらで決めています。

①<課題曲(全て予め設定されたoszで制作)>
佐咲紗花 - 天翔ケル蝋ノ翼、狂イ哭キテ焔ニ堕ツ - Short Size(1:27)


②<自由曲(自由に制作)>
Rita - Dorchadas - Short Size(1:48)


説明は以上です。ルールや禁止事項などはスレッドの方を確認してください。もし興味があったら是非参加してみてください~!

Moddingについて・・・④【低難易度】

こんにちは!前回の記事でルールについての内容は終わりです。今回の④では低難易度の指摘について書いていきます。
高難易度については次回書きます。あまり多い量を書いても、読むのが大変になると思うので次回で最後にします。

前回までの記事はこちらです。
Moddingについて・・・①【ルール確認1/2】
Moddingについて・・・②【ルール確認2/2】
Moddingについて・・・③【エラーチェック】

それでは内容に入っていきます。

Easy
【ルール】
Stack Leniencyの値を1/1でオブジェクトを完全に重なるように設定してはいけません。(osu!maniaのゲームモードは例外です。)
→基本的に初期値であれば問題ないです。稀に高難易度と同じ設定になっている場合があるので注意しましょう。

【ガイドライン】
ルールは上で説明した1つだけです。しかし最低難易度では多くの注意する点があります。また、ここから説明するものは、個人的な意見も含まれます。

①設定
・Approach Rate
5以下であれば問題ありませんが大体3~4が良いです。2以下であるとオブジェクトを読み取るのに難しくなってしまう恐れがあります。

・HP Drain Rate, Overall Difficulty
1~3の間であれば問題ないです。個人的に1だと低すぎると思うので2~3がいいと思います。

・Circle Size
2だと少しでかいかなと思います。2.5~3位がちょうどいいです。

Easyは最低難易度であるので上の難易度であるNormalと見比べるといいと思います。大体差が3以上ある場合は指摘したほうがいいです。

②リズム
・使用する音取り
まず最初に使用する2/1スライダーなどを説明します。この長さが2/1スライダーになります。これを半分にしていくと1/1(白線から白線), 1/2(白線から赤線), 1/4(白線から青線)となります。
2.png
基本的に1/1や2/1の音を中心に取ります。1/2の音は使用してもかまいませんが多すぎる場合は指摘しましょう。また、1/4の音は基本的に通らないと思ってください。

・上の難易度との差
バランスを良くするため、確認が必要です。しかしすべての箇所を確認するのはかなり時間がかかるので、曲を聞いている際に多くの音がある部分だけ確認するのをお勧めします。
例えると上の難易度で1/2の音を多くとっている場合、Easyで2/1の音を取ってしまうとバランスが悪くなるということです。
上の難易度と見比べて、音を追加するなどの指摘をしましょう。

・優先するべき音
上で説明した通り、大体の音は白線の上にあります。しかし曲によっては音がない場合や赤線の上に強い音がある場合があります。その際に自分なりにより良いリズムを提案できるのであればしてみましょう!最初のうちは自分で3つほどパターンを作って指摘してみるのもいいかもしれません。

・スライダー、サークルの数
低難易度とはいえ連続してスライダーを使用するのはあまりよろしくないです。スライダーばかり使用している部分がある場合はスライダーをサークルに変更する指摘をしましょう。
また、サークルは5つ以上連続で使用しないほうがいいです。最低難易度では推奨されません。

・折り返しのスライダー
公式のガイドラインでは、複数回折り返すことを推奨されていません。代わりの音取りを提案しましょう。

③配置
・ディスタンススナップ
一定にする必要があります。ずれている場合や、統一している値より0.1ほどずれていたら指摘しましょう。

・読みやすさ/見やすさ/分かりやすさ
スライダーの始点や終点に重ねるなど初心者が見てわかりにくい配置は推奨されません。また、長いスライダーを使用する場合はわかりやすい形にする必要があります。

④音付け
基本的に等間隔で付けます。抜けている場合が多いので指摘しましょう。個人的にほぼすべての箇所についていても問題ないと思います。

⑤その他
・New combo
音付けと同じく等間隔でつけることが多いです。また、特徴のある音取りなどを使用した場合はプレイヤーに知らせるために追加します。

・スピナー
もし可能であれば最低1つ追加しましょう。
spin.png
上のスピナーの長さが最低ラインです。これより短い場合は1つのスライダーに代えるか別の音取りにする必要があります。また、スピナー後の休憩もこのくらい必要です。ルールではありませんがこのくらいでないと通りません。

・スライダーの速度変更
ガイドラインで推奨されていません。そもそもスライダーの速度が遅く設定されているので変更したところでさほど速度は変わりません。変更されていたら指摘しましょう。

Normal
【ルール】
Stack Leniencyの値を1/1でオブジェクトを完全に重なるように設定してはいけません。(osu!maniaのゲームモードは例外です。)
→Easyと同じです。

【ガイドライン】
①設定
・Approach Rate
4~6が推奨されます。上下の難易度設定などと見比べてバランスよく設定します。

・HP Drain Rate, Overall Difficulty
3~5が推奨されます。

・Circle Size
3または3.5くらいがいいと思います。4であるとHardと同じまたはそれより小さいのでNormalをプレイするには難しいです。

②リズム
・使用する音取り
この難易度では主に1/1と1/2が使用されます。1/4の音も場合によっては許可されますが、ほとんど使われません。また、
1/2の音を連続して使用するのは推奨されていません。

・上下の難易度との差
上も下もあるのでバランスを取るのが難しいです。どちらかに偏ってる場合は指摘しましょう。

・折り返しのスライダー
公式のガイドラインでは、1/2の音で複数回折り返すことを推奨されていません。しかし1/1の音もあまりよろしくないです。

③配置
・ディスタンススナップ
一定にする必要があります。統一している値より0.1ほどずれていたら指摘しましょう。

・読みやすさ/見やすさ/分かりやすさ
スライダーの始点や終点に重ねるなど初心者が見てわかりにくい配置は推奨されません。また、長いスライダーを使用する場合はわかりやすい形にする必要があります。

・スタック
1/1の音と1/2の音を両方重ねて使うことは推奨されていません。慣れていればわかりますが、初心者がプレイするのでどちらか1つの音で使用しましょう。また、スライダーの終点には重ねてはいけません。

④音付け
基本的に等間隔で付けます。抜けている場合が多いので指摘しましょう。個人的にほぼすべての箇所についていても問題ないと思います。

⑤その他
・New combo
Easyと同じく等間隔でつけることが多いです。Easyよりも細かくつけることが多いのでやや付け忘れなどが目立ちます。

・スピナー
ガイドラインには3ビート以上と書いてありますが、最低難易度と同じく4ビート以下の場合は指摘しましょう。BPMにもよりますが、反応するには時間が足りません。また、スピナー後の休憩については2ビートで大丈夫です。

・スライダーの速度変更
こちらも最低難易度とおなじで変更することは推奨されていません。

まとめ
やはり低難易度ということで注意するべき点が多いです。書いてない部分もありそうですが、このくらいの内容を指摘することができれば十分だと思います。
これまで指摘する部分を書きましたが実際にModする際には、指摘の理由とその後の提案も書きましょう!指摘するだけではほぼ感想を述べているだけと同じになります。提案の部分を書くことでお互いの譜面作成のスキル向上にもつながるかと思います。

今回はここまでです。今回の記事に関しては絶対守らないといけないという内容ではないので参考程度に読んでいただければうれしいです。
次回の記事もそろそろ書き終わりそうなので早いうちに更新します。もしわからない部分などがありましたら、コメントかTwitter @alacats に送ってください!それでは~

Moddingについて・・・③【エラーチェック】

こんにちは! 今回でルールについての記事は最後になります。前回説明しなかった残りの分はModdingについて・・・②の最後に付け足したので、確認してください。ルールではなく重要な内容であるガイドラインについては、別の記事でまとめます。

ではルールを確認する流れを説明します。エラーチェックというものです。

①譜面をダウンロードする
既にModする譜面を持っている方はゲーム内で更新せず、一度譜面を削除してからもう一度ダウンロードしてください。新しいファイルなどが追加されている場合があります。

②譜面を開きAiModで確認する
自動的に確認してくれるAiModを開きます。開き方は左上のFileタブから開くかCtrl+Shift+Aで開けます。

aimod2.png

AiModを開くとこのようにエラーを教えてくれます。
aimod.png

AiModではある程度の内容を確認してくれます。残念ながらAiModだけではすべて確認できません。また、AiModにでるエラーはすべて修正するべき内容では無いです。以前説明したルールと照らし合わせて確認してみてください。

③フリーソフトを使って確認する
今回は2つ紹介します。AiModで確認できる部分と被ってしまいますが、最初のうちは両方使って確認することをお勧めします。

・AIBat https://osu.ppy.sh/forum/t/55305

・AutoMod  https://osu.ppy.sh/forum/p/4439879

リンク先からダウンロードしてください。使い方などはそこに載っているので省略します。

これを使えば大体の内容は確認できます。最初のうちは、エラーが出た部分を自分で確認してみるといいと思います。ルールが変更された場合はソフトの更新を待つか、各自で把握して対応してください。

④フォルダを開きファイルを確認する
先ほどと同様に左上のFileタブからOpen Song Folderで開けます。
open.png

開くと.mp3や.OSUなどさまざまなファイルがあると思います。ここでスキンが追加されている場合はセットが揃っているかなど確認してください。
上記のフリーソフトでほとんど確認できますが、念のためヒットサウンドファイルの遅延やスライダーslideとtickが両方無音のファイルが追加されていないかなどは再度確認してください。ヒットサウンドファイルはwavファイルなので関連するフリーソフトを検索してみてください。ちなみに私はAudacityを使用しています。Audacity

⑤Metadataを確認する
osu!では日本語の曲がかなり多いのに対し、Mapperは海外のユーザーが多いです。Modする譜面の曲を検索してみて公式と違っていた場合は指摘しましょう。細かい確認方法は別の記事で書きます。



これで以上です。ほぼフリーソフトを使った確認方法ですが、しっかりと①、②で説明したルールを把握した上で指摘するのがベストです。
今回はここまでです。これで必ず直さなければいけない項目が終了しました。各難易度(譜面の内容)のルールついては次回から説明するアレンジを加えるModと一緒に書いていきます。

今までの記事はこちら
Moddingについて・・・①
Moddingについて・・・②

Moddingについて・・・②【ルール確認2/2】

こんにちは! 今回もModdingについて書いていきます。

前回の記事はこちらです Moddingについて・・・①

それでは内容に入っていきます。



Audio

すべてのdiffで使用されるmp3を一つだけ含めることができます。
→複数追加してしまうとエラーが発生してしまう可能性があるので禁止されています。たまにmp3ファイルを入れ替えた際に古いものがフォルダに残っている場合があるので指摘してあげましょう。

音楽ファイルの音質は、適当なものでなければいけません。
→あまりにも悪くないかぎり大丈夫です。ビットレートは128kbps~192kbpsのファイルを使用してください。基本的にどの譜面も192kbpsのファイルが使われています。また、可能であればModする際に指摘するだけではなく改善したファイルも渡してあげるとより良いです。

最短のdraining timeは30秒です。
→一応30秒が最低ラインになっています。運営側の推奨としては45秒以上です。あまりこの項目に関して指摘する機会は少ないと思いますが、もし30秒に満たしていない場合はスタッフに相談してみてもいいかもしれません。また、draining timeを確認するときはosu!の公式ページで確認するのではなくゲーム内でしっかりと確認してください。

もし譜面の使用部分が曲の80 %に満たない場合、音楽ファイルをカットしなければいけません。
→無駄な部分はカットしましょうということです。フルの曲で半分だけ作ってある場合などは指摘しましょう。この項目も基本的に守られているので指摘する機会は少ないと思います。

ヒットサウンドを使用しなければいけません。
→基本的に付いていることが多いのであまり注意することはありません。しかし静かなパート5秒~10秒の間でなにもヒットサウンドが付いてない場合は失格となるので指摘してあげましょう。

ヒットサウンドファイルはwavでなければいけません。
→mp3やoggのファイルは使用できません。

ヒットサークルやスライダーのヒットサウンドは聴こえるものでなければいけません。
→ヒットサウンドの音量は聞こえる物でないといけません。プレイ中に聞き取れない場合は指摘しましょう。ここでも改善したファイルを渡してあげると良いです。
 音量を下げることが許されているのはスピナーの回転音及び終端、スライダーのスライド音及び終端です。スライダーのスライドの音量とスライダーのtickの音量を両方さげるのは禁止されています。
 この項目をまとめると譜面の中で音量が20%以下になっているところを注意して確認するとわかりやすいと思います。スライダーのスライド、tickに関してはたまに見かけるので注意しましょう。

ヒットサークル、スライダーの始点、終点、tick、折り返し部分にスライダーのスライドやスピナーのスピンで使われる連続した音を使用できません。
→ヒットサウンドを鳴らした際に次のオブジェクトに影響がでるほど長いヒットサウンドが使われていたら指摘して下さい。

成年向けの歌詞やテーマがある場合は、譜面のスレッドに「18+」などと分かるように明示しなければいけません。
→一応osu!は全年齢対象のゲームなのでもし譜面の情報欄 (creator's word) に何も書いてない場合は指摘しましょう。

譜面の全ての難易度において、同一のPreview Pointを設定しなければいけません。
→統一しないとエラーが発生してしまうので統一する必要があります。offsetを途中で変更した時Preview Pointがばらばらになっていることが多いので注意しましょう。

システム上の問題を防止する為、全ての.wavファイルは、少なくとも100msの長さがなければいけません。
→これを確認するためのフリーソフトがあるので100msあるかどうかを確認しましょう(後ほど紹介します)

ヒットサウンドの遅延は5ms以下でなければいけません。
→プレイに影響がでてしまうため遅延はほぼ0msにしましょう。

無音のヒットサウンドが必要な場合は44KBのファイルを使用してください。
→こちらのリンクからダウンロードできます。http://up.ppy.sh/files/blank.wav 0バイトのファイルを使用してしまうとエラーが発生してしまいます。

Video

複数のビデオファイルを含めることができません。
→エラーが発生するため禁止されています。

ビデオの解像度は、1280*720を超えてはいけません。
→綺麗な物を使用しましょう。無理やり拡大する必要はありません。画質が悪ければModする際により良いファイルを用意してあげるとより良いです。

動画のオフセットは全ての難易度で統一して正しく合わせられていなければいけません。
→公式の動画と見比べてずれている場合は指摘しましょう。また全難易度で統一されているかも確認しましょう。

ビデオの音声データを削除する必要があります。
→osu!では使用されないのでファイルサイズ削減のため削除しなければいけません。

Skinning

他人の作ったスキンを仕様する際は、前もって許可を得てください。
→公式にたくさんのスキンがあります。 Skinning
 もしここのスキンを譜面に追加したい場合は許可を取る必要があります。もし作者と連絡が取れない場合は諦めてください。

ゲームプレイ中に表示されるスキンは、見えるものでなければいけません。
→あまりにも見にくいスキンであった場合は指摘して下さい。

スキンは、綺麗に切り取られているものでなければいけません。
→極端に汚く場合はこの項目は気にしなくて大丈夫です。

背景画像は、1920*1200が最大でなければなりません。
→これより小さい場合は拡大表示されます。

背景画像は無難な物を使用して下さい。
→過激な物は許されません。卑猥な物やグロテスクな物また、人種差別や侮辱する物なども許されません。この項目に関しては、ルールを破るとサイレンスやBANされる恐れもあるので注意が必要です。

全ての難易度に背景画像が設定されていなければいけません。
→たまに追加し忘れている場合があるので指摘してあげましょう。

ヒットバースト(300/100等の表示)は、それぞれが区別できるものでなければいけません。
→プレイしていてわかりづらかった場合は指摘しましょう。基本的に色を変えている場合が多いので大丈夫です。

スキンを追加する場合、それらのスキンのセットがすべて揃っていなければいけません。
→スキンのセットはこちらで確認できます。Skinning_Standard
 セットが揃っていないと抜けているところがデフォルトで表示されてしまうためすべて揃える必要があります。
また、公式のSkinがアップデートされることがあるのでセットが変更される場合もあります。

コンボバーストは、左端基準で位置づけられていなければいけません。
→コンボバーストが右から出てくる場合は勝手に反転して表示されるので左端基準で作る必要があります。

標準のスキンより大きいものを用いてはいけません。
→デフォルトスキンと比べながら調節する必要があります。この辺にヒントがあるかも・・・Skinning

譜面が入っているフォルダ内に未使用のファイルが存在してはいけません。
→ヒットサウンドファイルやスキンのファイルで使用してないものがある場合削除する必要があります。

Storyboarding

ストーリーボードの画像は、1920*1200が最大でなければなりません。
→サイズが超えている場合は指摘しましょう。

画像に不必要な透明部分があってはいけません。
→余分な部分がある場合は消しましょう。

ストーリーボードにおいて、発光を繰り返したり、振動する画像があったり、明るい色があったりする場合は、epilepsy warningを使用しなければいけません。
→epilepsy warningはsong setupのDesignタブにあります。追加し忘れている場合があるのでチェックしましょう。




ここまでは全モードのルールになります。ここからはStandardのみ適用されます。

Standard
オブジェクトは画面外に出てはいけません。
→4:3のアスペクト比で確認してください。少しでも出ていたらダメです。

スピナーで少なくとも1000ポイントのボーナスを得られるようにしなければいけません。
→これはオートモードで確認してください。1000ポイント以上出れば大丈夫です。

全てのスライダー上のリバースアロー(矢印)は見えるようにしなくてはいけません。
→プレイしていて折り返しの矢印が見えず、わかりづらい場合は移動させて見えるように配置しなければいけません。

全てのスライダーは開始から終わりまで見えるようしなくてはいけません。
→さまざまな形を作ることは許されていますが、プレイしていて読むことが困難な場合はダメです。

最低2つのコンボカラーを使用しなくてはいけません。
→2つ以上設定しないとNew comboを入れる意味がありません。また背景、ストーリーボード、動画など被る色も避けるべきです。

sliderslide/sliderwhistle/spinnerspinで使われるヒットサウンドは自然なループの音でなければいけません。
→普段使われるclapやfinishなどのヒットサウンドはここの箇所では使えません。

Skinning
Spinner circlesは中央が明確に分かる状態にしなければいけません。
→プレイに影響が出るため、明確でない場合は指摘しましょう。

gekiとkatuに対応しているhit100と300のスキンは異なったものを使用しなければいけません。
→同じ物は使用できません。スキンセットを確認するときに一緒に確認しましょう。

もヒットサークルやスライダーセットのスキンを使用する場合、スライダーの境界線の色を設定しなければいけません。
→しっかりと設定しているか確認してください、またスライダー本体と似たような色は使えません。



 全体のルールはここまでです。非常に量が多いですが、慣れてしまえば確認する時間はあまりかかりません。また見てわかる通り、Skinのルールが多い・・・ので譜面に追加する人は少ないです。なので目を通しておく程度で大丈夫です。Modする譜面に追加されてるときだけまたルールを確認すれば問題ないです。

 最後にNewRulerNAさんもModdingについてわかりやすい記事をosu!の日本語フォーラムに載せているので一緒に見てもらえるとうれしいです。
日本語版 Ranking Criteria - Standard/Taiko
初心者Modder向け - Moddingガイド